記事一覧

医師がドクターズウォッチを購入する余裕はあるのか?

私が言いたいのは、購買層から締め出されてしまった専門職を持つホワイトカラー層が出てきたということだ。ロレックス スーパーコピースティール製の41mm ロイヤル オーク自動巻きは希望小売価格で2万3600ドル(日本国内定価は税込291万5000円。見つけられればの話だが)、SS製のジャンボは3万3200ドル(同385万円)だ。(ランゲのSS製オデュッセウスは発売時に2万8800ドル、日本国内定価は税抜310万円だった)。少なくともロレックスは希望小売価格で売られている個体を見つけられれば、まだ手が届く…恐らく無理だろうが。とはいえ、希望小売価格と中古の店頭価格は乖離しているが、36mmのSS製オイスターパーペチュアルは“たったの”5800ドル(日本国内定価は税込64万1300円)だ。

ロレックス オイスターパーペチュアル 116000

カテゴリ ロレックス パーペチュアル(新品)
型番 116000
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
ブレス・ストラップ ブレス
タイプ メンズ
カラー ブラック
ケースサイズ 36.0mm
ケース径36mmの「オイスターパーペチュアル 116000」。
こちらは新たに加わったブラック/バーインデックスダイアルです。ムーブメントにはクロノメーター認定のキャリバー3130を搭載。パラクロム・ヘアスプリングを装備し、磁気と衝撃、さらに温度変化に対しても強い耐性を発揮します。ワンタッチでしっかりと開閉することができるクラスプは、ストレスもなく使い勝手もとても良好です。

スイス時計産業連盟(FH)は毎年、価格の分布や輸出額などのレポートを発表している。おもしろいことに彼らは価格を(スイスフランで)200以下、200〜500、500〜3000、3000スイスフラン以上にクラス分けしている。これは過去の遺物のようだが、今ある情報をもとに考えてみよう。

【関連記事】:https://uratanowshop.amamin.jp/

コメント一覧

ブランド偽物 URL 2022年01月30日(日)23時19分 編集・削除

よりウィメンズバッグシリーズ「カプシーヌ」より新作の「シュシュ」シリーズが登場