記事一覧

インスタグラムが原宿にリアル店舗 「アリシアスタン」などが2日限定で出店

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpgアップロードファイル 10-3.jpg

インスタグラムは6月8〜9日の2日間、ショッピング機能の日本上陸1周年を記念して期間限定店「インスタショッピングウィークエンド(Insta Shopping Weekend)」を東京・原宿に開く。

 インスタグラム上にアカウントを持つファッション、ビューティ、インテリアの8ブランドが出店し、オフラインでの買い物体験を提供する。参加するのは水着の「アリシアスタン(ALEXIA STAM)」、ボタニカルヘアケアブランド「ボタニスト(BOTANIST)」、マッシュビューティーラボのトータルビューティブランド「セルヴォーク(CELVOKE)」(展示のみ)、小柄な女性に向けたファッションブランド「コヒナ(COHINA)」、サンフランシスコ発のチョコレートブランド「ダンデライオンチョコレート(DANDELION CHOCOLATE)」、ヘアジュエリーの「プリュイ(PLUIE)」、サーフカルチャーをベースにした雑貨を取り扱う「ダブルティー(WTW)」、大阪の文具専門店「和気文具」。

 イベントでは、画家のフランキー・スィーヒ(Frankie Cihi)によるビジュアルをのせたトートバッグをプレゼントする(先着順)。

 インスタグラムのショッピング機能は、アメリカで2017年3月に開始し、日本では18年6月に導入されたビジネスアカウント向けのシステム。フィードやストーリーズの投稿写真に商品名や価格のタグを付けて、インスタグラムのアプリ内で商品詳細が閲覧できる。アプリ上で該当商品を販売するECをリンクさせることができ、購入を促すことが可能だ。今年5月からはユーザーの幅を広げて、一部クリエイターも利用できるようになった。

「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」がパリメンズに初挑戦 今季一番の拍手喝采

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

ロンドン、フィレンツェ、ミラノ、パリと続いた2019-20年秋冬メンズ・コレクションの中で、もっとも大きな拍手喝采を浴びたのは、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」でも、キム・ジョーンズ(Kim Jones)の「ディオール(DIOR)」でも、エディ・スリマン(Hedi Slimane)の「セリーヌ(CELINE)」でもなく、「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)以下、オム プリッセ」のプレゼンテーションでした。ブランドはパリメンズ3日目の夜遅く、パリ市内のポンピドゥー・センターで演出家兼振付師のダニエル・エズラロウ(Daniel Ezralow)によるプレゼンテーションを開催。「プレイグラウンド(PLAYGROUND)」と題したプレゼンの舞台には、つり輪やスラックスライン、それに陸上競技のトラックなどがあって、まるでサーカスが始まりそうです。ちなみにこのダニエルさんは、「オム プリッセ」のデビューイベント、青森大学の男子新体操部によるパフォーマンスの演出家でもあり、ブランドとは深い関係にあります。

「PLAYGROUND」とは「PLAY GROUND」、つまり「活動の場所」を意味します。「活動」とは、ある人にとっては仕事でしょうし、ある人にとっては遊び。そして、ある人にとってはスポーツです。20分のパフォーマンスは、そんな千差万別な「活動」に、「オム プリッセ」が寄り添うことを示すものでした。あるシーンでは、モデルたちは通勤着としてプリーツジャケットやブルゾンを着用して歩き、仲間と洋服を交換して(!!)ハイタッチ。またあるシーンでは、パフォーマーがスラックスラインの上で膝を曲げ、足首にスラックスラインを引っ掛けた状態で(!!)バランスをキープ。「オム プリッセ」は、いわゆるスポーツウエアではありませんが、どんな時も、誰にでも、どんな服にも馴染み、どんな体勢でも快適でいられるという特性をアピールします。

デビュー当初は、とっても小さなカプセル・コレクションのようでしたが、気付けば今はものスゴいバリエーションです。プレゼンにモチーフウエアは登場しませんでしたが、色やパターンのバリエーションは豊か。プリーツを全面に刻んでいない洋服だってあるんです。そんなカラフルウエアを着たモデルたちが、フィナーレでは吊り輪でクルクル、スラックスラインでグラグラ、トラックをグルグル、その間をピョンピョン。思い思いに「活動」しました。

本当に本当の最後のグランドフィナーレでは、来場した僕らが「PLAYGROUND」に挑戦。ロープによじ登ったり、吊り輪に捕まったり。ムービーの18分30秒からは、スラックスラインに挑戦してヘッピリ腰な僕が登場します(苦笑。そして、すかさず写真を撮ろうと後輩が駆けよってくれました。出来た後輩だw)。あぁ、ここで「オム プリッセ」を着ていたら、ちょっとはマシだったのでしょうか?

時計に直接書き込める時間管理ツール「Brick」。直感的な計画表がイイ

アップロードファイル 3-1.jpgアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpg

ミニマルなデスクに。

なるべくスッキリとミニマルに仕上げたいと思う人も少なくないデスクの上。こだわりのアイテムだけを置いたものの、計画を書き込むためのカレンダーなどで台無しになることも。そんな悩みを解決するなら今回のデザインコンセプトは必見です。

ではさっそく、時計に直接計画を書き込める時間管理ツール「Brick」をご紹介しましょう!
結局、時間管理ツール「Brick」とは何なのでしょうか? それはペン立てともなり、内蔵された時計の面にペンで書き込むことのできるツール。ミニマルでスタイリッシュなデスクトップのためのアイデアなのです!

正面向かって左側の部分は、いわばマイクロサイズのホワイトボード。その日のTo Doリストを、ホワイトボード用のペンで書き込んでいきます。やるべきことが一目瞭然ですね。

そして次はBrickの最大の特徴である、書き込める時計です。正面向かって右側の時計は短針のみ。その周りに時間帯を区切って、To Doリストの具体的な実施時間を明示できます。直感的に計画の進捗状況が分かってGOODです!

搭載されているペン立て部分には最低限のアイテムを入れることができるBrick。ぜひ商品化に向けて1歩踏み出してほしいですね!

スマートフォンなどデジタルデバイスで管理することが多い一方、紙の手帳での管理も依然として重要視され、それらを併用している人も多い時間の計画。デスクの上に、Brickのようなミニマルで優れたデザインの時間管理ツールがあると、1日の初めにやる気が湧いてきますね。小さなホワイトボードのような感覚が楽しくなってきます!

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ